詞たち


 今までに 私の魂から 産まれた
 幾百もの 幾百もの 詞たち

 遺されることなく
 はかなく夜空へ旅立った……

 月明かりの下
 星風に吹かれ
 どこへ彷徨い
 流離のエーテルとなったのか

 今もどかこの片隅で
 私の魂を伝え続け
 それはやがて
 この宙いっぱいに弘がっていくのだろう……

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。